死に物狂い

他人から影響を受けやすい人間のフィクション日記

日記

あれからよりもこれからだって(『あれから(絶望少女達2020)』を聴く)

アニメ『さよなら絶望先生』の楽曲群がサブスクリプションで配信開始となった、との報せが飛び込んできたのは6月17日のことであった。さよなら絶望放送*1を毎週の楽しみにし、友人*2とカラオケに行くと『人として軸がぶれている』『強引niマイYeah~』『空想…

とあるブラウザゲームを探している

前段 折に触れてその存在が頭に浮かび、「何か情報ないかなあ」と思いながらネットを検索するが見つからない、そんなブラウザゲームがある。そのうち完全に忘れてしまいそうであるし、何かの機会にネット世界の賢人から助言を得られるかもしれないので、覚え…

舞台の上に何の姿を見出そうとするのか

「舞台上に立つ演者」は何次元の存在なのでしょう。という話は千度議論されてきたことかもしれません。いわゆる2次元と3次元の話で、もはや2.5次元との表現は広く知れ渡っていますが、昔からこの「2.5次元」の指すところがしっくりきません。「2次元」と「3…

英虞湾に行って踏切の音を久しぶりに聞いた

英虞湾に行った。相変わらず明確な目的があるわけではない。「日帰りができる程度の遠くに行きたい」欲が定期的に現れるので、それを消化すべくどこかに向かうのである。移動は電車がいい。本が読めるからだ。2~3時間電車に揺られて、kindleに目を落とし…

「ここに来られなかったかもしれない」という感覚

大きな本屋や図書館へ行くだけで楽しいのは、視覚的に「本がめっちゃいっぱいある!!!」と感じられるからだと思う。自分が読んだことも、読もうと思ったことさえもないような本が、世の中には山のように存在していると実感できる。それがとてつもなく楽し…

「ビンゴをやろう」と上司は言った

特に普段から忙しくしているわけではないのに、年の瀬というだけで業務が滞り、気持ちも焦ってくるのは不思議なものである。忙しさがみるみるうちに形成されていくのに重ねて、この時期の(相対的)若手サラリーマンには、忘年会の幹事という望まれない仕事…

行ってみよう南砺市桜ヶ池公園

2019年7月13日、私は白川郷に向かっていた。昔の昔に『ひぐらしのなく頃に』の体験版をプレイして以来、行こう行こうと思っていたのだが、特に行動に移すこともなく今に至っていた。人生において生活圏から最も近くなっている今のうちに行かなければ、今度こ…

MONACAでもMACANAでもない。名古屋にはmanacaが居る

PiTaPaが好きだ。PiTaPaというのは、近畿圏以外在住の方には馴染みが薄いと思うが、いわゆる交通系ICカードの一つである。ポストペイ形式であるのが特徴で、要は電車に乗れるクレジットカードと言える*1。チャージ額の心配をする必要がなくて良い。一般的な…

ハッカドールに見た面影

埼玉県の某所にて、とある女性声優の髪型をめぐる野球戦、通称よぴぴ野球でオタクたちがしのぎを削ったその翌日のこと。東京・原宿でハッカドール最後のイベント、『ハッカドール THE めもりあるぱ~てぃ!!!』が開催された。いや、例によって最後かどうかは…

舞台上からもらう活力と勇気と熱と

2019年8月24日。埼玉県の某所にて、とある女性声優の髪型をめぐる野球戦、通称よぴぴ野球でオタクたちがしのぎを削っていた頃、時を同じくして名古屋では、にっぽんど真ん中祭が開催されていた。 日本のど真ん中、真夏の名古屋を舞台に繰り広げる日本最大級…

「なんでオタクになったんだっけ?」

いや、拙者のレベルでオタクなんて自称するのは本物に失礼だし憚られるでござる……という気持ちは置いておくとして、古くからのオタク友達と酒を飲んでいると、そんな話になることがよくある。要はおっさんになりつつある*1男たちの昔話大会だ。ここでは、「…

第二章の行く末、私的な一年間の振り返り

「みんなの人生も、明日から第二章です」と彼女は言った。2019年3月に解散した、声優ユニット・Wake Up, Girls!のリーダー、青山吉能さんの言葉である。 「第二章」というワードの意味を一義的に定めることはできないが、少なくとも彼女は、自分たちの新し…

VRのライブ映像

を見たい。VRが話題になり始めた頃に思ったのは、「これがあればライブ会場に赴かなくてもいいのでは」ということだった。むしろライブ会場に行っても、設置されたディスプレイを見ているだけなんてことはよくあることなので、いっそのことゴーグルを通して…

二次元を語る楽しさ

芸能人を評するときに、「○○は性格良い」みたいな話をする人がいる。反対も然り。言いたいことは分かるし、私もそういう感情を持たないわけではないのだが、根本的には「会ったこともない人の性格なんて分かるわけないだろ」という気持ちが強い。テレビを通…

加速床の原理

加速床の原理はどうなっているのか。 動く歩道の上を歩きながら、ふと思った。技術的な知識がないので何一つ検証はできないが、この歩道がもっと高速で動いているようなイメージだろうか。 しかし大体の加速床は、機械がうごめいているようには見えないこと…

応援を求める

応援されることが少なくなったように思う。と言いつつ、それは今に始まったことではなく、自分が応援されてきた記憶はそもそもそんなにない。応援ソングが流行るのは、普段他人から応援されることが少ないからか。 いや、応援はいつだってされているのかもし…

京都府宮津市惣

スマホはF-02H(富士通)を使っている。F-12C、F-01Fそして02Hという系譜である。幸せなことに、私はarrowsに悪いイメージはない。やたら熱くなるのは事実だが、許容範囲である。カクつくこともあるが、まあ再起動したら治るし問題ない。 arrowsにはATOKがプ…

なぜ無灯火運転をするのか

自転車の話である。いつからか、暗い中を自転車で走るときは、きちんとライトをつけるようになった。親のことばに従ったのかもしれないが、今となってはよく覚えていない。 車に乗るようになってより一層ライトの重要性を感じるようになった。今では無灯火で…

やる気を出すとは

やる気とは水物である。いかにモチベーションアップ株式会社の力を使っても、人為的にやる気を出させるのは難しい。やる気は出そうとか、出させようと思ってどうにかなるものではないと思う。ふとした瞬間に突然湧き上がってくるものである。 私が「やるぞ」…

効率の良さとは

スケジューリングが著しく下手である。ToDoリストは作る。だが、それをいつまでにやらなければならないかという点は、あまり真剣に検討しない。しているつもりだが、できていないらしい。らしいというかできていない。 目の前の業務に取り組むのは得意である…

文章による感情表現

よくよく考えると、ネットにおいては、昔のほうが文字によるコミュニケーションは盛んだったような気がします。盛んだったというか、主だったという方が適切でしょうか。ホームページには大体掲示板が設置されて交流が図られていましたし、オンライゲームで…