死に物狂い

他人から影響を受けやすい人間のフィクション日記

はてな匿名ダイアリーを通して著作権を考える

【2024.04.23追記:ここから】

 本記事の公開後、下記増田の作者様から直接ご連絡を頂戴し、動画の作成および公開について快く承諾をいただけた。この場を借りて改めて御礼を申し上げるとともに、折角なのでということで再録・編集した動画を下記のとおり動画を公開する。まことにありがとうございました。インターネットにも感謝します。

 

www.youtube.com

 

【2024.04.23追記:ここまで】

 

 

 いつものようにはてなブックマークを見ていると、あるはてな匿名ダイアリーの記事に出会った。

 

anond.hatelabo.jp

 

 面白い! 落語みたいでいいですね。と感じた矢先、これは声に出して読むとより面白いのではないか、と思った。早速読み上げてみると、やっぱり面白い。面白い話は演る側にとっても面白いのである。興奮冷めやらぬ中、私にしては珍しく、今すぐに形にしなければと、腹の底から意欲が湧き出て、とりあえずPC上で録音してみた。読みやすいように、適宜関西弁にアレンジし、3,4テイク重ねてみると、これは面白い! と感じられるものができあがった。

 ようしせっかくなので動画にするかと、いらすとやから桜餅の画像をダウンロードし、録った音声と組み合わせることにした。深夜1時のことである。明日も朝から仕事であるのに、一体何をやっているのか分からないが、抑えきれない創作意欲がそこにはあった。

 

 

 うおおおおお!!! と未だに慣れない手付きで作業を行う。タイトルはどうしよう。ストレートに『桜餅』でもいいが、『道明寺』としたほうがそれっぽい。そうだそうだそうしよう。『道明寺』。なるほど響きが良いのではないか。こうして溢れんばかりの熱意によって、一つの動画が生まれたのである。

 

 

 と言いつつ、このあたりで少し冷静になってきたのか、できあがった動画を見ると、音量とかリズムとか滑舌など、もっとより良くできそうな気がしたが、こういうものは勢いも大切である。面白いと思ったものを、面白いと思えているうちに作り終えるのが大切ではないだろうか。そう自分で自分に演説をかましながら、満足気に視聴を続けていたら、次に私の頭によぎったのは、ある種当然の思考だった。この動画をYoutubeにアップしよう。面白いと思ってくれる人がきっといるだろう。何より作ったままPC上に眠らせて置くのももったいない。そうだそうだと脳内議会で野次が飛ぶ。よしじゃあこの勢いのままネットの海に放流してしまうか~とYoutubeスタジオを開いた時、頭にアラートが鳴り響いた。私はこの動画をYoutubeにアップしてもよいのだろうか? 

 ニコニコ動画に入り浸っていたあの頃であれば、何も考えずに「これ面白いから見て~」と無邪気にやっていたであろう。しかし、今は違うのだ。もうだいぶ歳を取ってしまった私の脳裏に浮かんだのは、「著作権」の3文字だった。

 

 状況を整理しよう。すなわち、私が行った・行おうとした行為は次のようにまとめられる。

 ①はてな匿名ダイアリーに投稿された桜餅に関する記事(以下、「本件増田」という)を

 ②関西弁風にアレンジして

 ③読み上げて録音し

 ④画像と組み合わせて

 ⑤『道明寺』と銘打った上で

 ⑥Youtube上に投稿する。

 このような行為を、本件増田の投稿者から許諾等を得ることなく行うのは、著作権法上許容されるのか。結論としてはダメと思われる。以下、検討する。なお、筆者は著作権法の専門家ではないので正確性は保証されない。

 

⓪当該文章は著作物であるか

 一般的に文章は、言語の著作物として保護され(法第10条1項1号)、それはインターネット上で書かれたものでも変わらない。事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道はその例外となるが(同条2項)、本件増田がそれに該当するとは考えにくい。

 

はてな匿名ダイアリーに投稿された内容の著作権は誰に帰属するか

 投稿内容の著作権は投稿者に帰属することが、ヘルプ上に明記されている。

anond.hatelabo.jp

 したがって、②~⑦の行為が、本件増田の投稿者に帰属する著作権法上の権利を侵害するか否かが問題となる。

 

②関西弁風にアレンジするのは許容されるか

 真っ先に思い至ったのは翻案権であるが、何が翻案にあたるかはファジーである。とりあえず条文を見てみよう。

(翻訳権、翻案権等)

第二十七条 著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。

 いつ見てもよく分からない条文であるが、翻案に当たるかどうかでその先の検討に違いが生じてくる。本来は判例等を参照しながら検討する内容であるが、お恥ずかしながら手元にコンメンタールはおろか文献らしい文献がないので、ただただ考えてみよう。

 後述の③とも関連するが、単純に書かれた文章を読み上げるだけであれば口述権(第24条)の話が、そしてその音声を録音するとなると複製権(第21条)の話が出てくる。この点、複製というのがいわゆるデッドコピーを想定し、文章そのままに読み上げる行為が該当するのだとすると(第2条1項15号)、少なくとも方言で読み替える行為は複製とは言えないように思われる。

 ただ、例えばもともと東京が舞台である物語を大阪に置き換えました、となれば分かりやすく翻案であるが、ただただ共通語あるいは東京弁を関西弁になおした場合はどうか。この点、自分で演じた身からすると、方言が変わることで、語り手のキャラクタ性もが変わったものになっているように思われる。コテコテの関西のおっちゃんが喋っているのか、大阪生まれだがそろそろ東京で暮らした時間の方が長くなってきたおっちゃんが喋っているのかで、創作物が持つ物語性も変わってくるのではないか。そう考えると、やはり翻案に傾くように思われる。あるいは、シンプルに翻訳と同じように考えればよいのかもしれない(ただし、別の言語に訳しているわけではないのでその定義に当てはめられるかは疑義がある。)。

 当該行為が翻案になると捉えた場合でも、私的利用の範疇であれば著作権の行使は制限される(47条の6第1項1号)。したがって、私が家で一人楽しむ分には問題ない。しかし、Youtubeにアップロードして、そのリンクをブログ上で公開した場合、アップロードという行為はもとより、当ブログにはアドセンス広告が貼られていることも踏まえると、私的利用とはみなされないだろう(Youtubeチャンネル上に広告設定をしている場合も同様であろう)。

 

③読み上げて録音するのは許容されるか

 上記②で述べたとおり、投稿された文章をそのまま読み上げて録音する行為は、著作権法上の複製に該当する(第2条1項15号)が、私的複製と捉えられる場合には複製権の行使は制限される(第30条1項)。この点の議論は②と変わらない。

 そして、本件においては先に翻案の有無が問題となるところ、②において翻案であると解されるのであれば、反対に複製権の観点では問題とならない。

 

④画像と組み合わせるのは許容されるか

 概ね上記②で行った議論のとおりであり、結果的には、本件増田をアレンジしてさらに画像と組み合わせるということになるから、やはり翻案の性質が強くなるのではないか。

 なお、いらすとやにおいて、素材の画像を動画に用いることは、商用・非商用を問わず一つの動画あたり20点以下の利用に収まる限りで認められている。

www.irasutoya.com

 

⑤『道明寺』と銘打つのは許容されるか

 もともと本件増田のタイトルは『関東地方で桜餅を騙っている簀巻き野郎について』であり、これを変えることは、上記②のとおり翻案のほか、同一性保持権も問題になるだろう(第20条第1項)。同一性保持権は、いわゆる著作者人格権の一つであり、一応一定の権利制限規定が存在するが(同条2項)、本件においてはそれらに該当しない。

 同一性保持権は、翻案権とは別概念のため、私的利用による例外は適用されず、観念的には私が『道明寺』との名付けを行った時点で、投稿者の同一性保持権を侵害しうることとなるのではないか。

 この点、著作者がタイトルの変更も含めて翻案を許諾しているような場合には、同一性保持権の不行使にも同意しているとの推定が働くと思われるところ、同様に、私的利用により翻案権の行使が制限される場面においては、同一性保持権の行使も制限されるとの整理ができないか。結論として、財産権たる著作権と人格権たる著作者人格権を同種のものと捉えるのは適切でなく、そのような整理は難しいと考える。すなわち、各種の権利制限規定は、著作権者と利用者の利害を調整するため例外的に設けられているものであり、その効力をいたずらに著作者人格権にまで広げるべきではなく、またそのように広げられる合理的理由も見いだせない。

 

Youtube上に投稿するのは許容されるか

 上記②④⑤により、本件動画は本件増田の翻案により制作されたものと解される。すなわち、本件増田の投稿者は本件動画の原著作者となり、二次的著作物の著作権者たる私と同様の権利を行使できることとなる。

 また、Youtube上への投稿は、自動公衆送信(2条1項9号の4)または送信可能化(同9号の5)に該当する。そしてこれらの行為には著作者への許諾を要する(第23項1項)。

 したがって、私は作成した動画をアップロードする権利を有するが、それは原著作者たる本件増田の投稿者も同様である(第28条)。加えて、②に関連して言えば、そもそも最終的に公衆送信を目的としている時点で、やはり私的利用による翻案とは解されないだろう。

 

 以上より、私が本件動画をYoutubeでアップロードし公開するためには、本件増田の投稿者から翻案及び公衆送信に係る許諾ならびに同一性保持権の不行使に係る同意を取得する必要がある。

 

ツナマヨを二つ買うべきなのか

 お昼をコンビニで済ますなら、おにぎりを食べるのが最適解と言われている。腹が減るなら米を食え。じゃあお弁当でもよいのでは? 正論である。しかし、せっかくお弁当を買うなら、飲食店が売ってるやつとか、惣菜屋が売っているやつとか、そういうのを買ったほうが満足度が高いはずで、むしろせっかくコンビニを使うのであれば、やはりおにぎりを買うべきである。コンビニは、地域におにぎりを供給するために存在している。

 ちょっと高めのおにぎりは魅力的だが、ちょっと高めのおにぎりを買うぐらいなら、ちょっと高めのお弁当を買ったほうがよい気がするから、結局、定番三角おにぎりに手を伸ばすことになり、それでよい。一個では少ないが、三個では多い。とすれば二個がちょうどよい。アリバイ作りにサラダも買おう。食べないよりは食べた方がよい。

 おにぎりを二個買うなら、味は変えるべきだろう。せっかくである。ツナマヨを選ぶなら、もう一つはマヨではないものがよい。昆布でも梅干しでもよい。似たものではなく、反対のものを選ぶ。その方がバランスが取れている。

 寿司は味が薄いものから食べるらしいが、おにぎりは味が濃いものから食べるのがよい。おいしいからである。そしてツナマヨを食べた時に思うのである。もう一個ツナマヨでもよかったな、と。思い返せば、幼少期に母が作ってくれたおにぎりの具は、すべて同じだった。おにぎりを二つ食べるなら、味を分けなければならない。そんなルールは、原始人間の社会には存在しなかった、社会の発展とともに設けられた、しがらみの産物である。食いたいものを食う。それが本来の人間の姿なのではないか。

 しかし、だからといってツナマヨを二つ買ってはいけない。それは罠である。ツナマヨを二つ買う。これは非常にアナーキー。反権威主義的で、信念を持った、愛すべき尊い行為であるが、二つ目を口に入れた瞬間に思うのである。ツナマヨは一つでよかったな、と。

 

あかん、本屋面白すぎるのターン

 本屋にね、本屋に行ったんですよ。いつも行ってますけどね。仕事の帰りに寄ってますけどもね。でも、休みの日にわざわざ本屋に出かける。それも大きな本屋に。これがいいんじゃないでしょうか。

 仕事の帰りに行くって言ってもね、大体閉まってるんですよ。街中の本屋と言えどもね、21時には閉まってしまいますから。22時までやってるところもありますけれども、そうするともう帰るのがテッペンになってしまいますから。仕方なく帰るわけです。でも今日は違いますね。だから休日に本屋に行くんですよ。

 いつもならね、入口の新刊平積み注目コーナーを見てね、なるほど今はこんな感じの本が売られているのねなんて訳知り顔でうなずいたら、あとは仕事に関係する本棚に直行して、ふむふむこんな新刊が出てるのねとちょっと真剣な顔で品定めをして、すぐには読まないことが確定しているけれども1冊手にとってレジに向かってお金を払って家へと帰るんですけれども、今日は違いますよ。今日はね、どこへ行ったっていい。入口からは入りますよ。店に入らないといけないからね。だから新刊コーナーも見ますよ。でも今日は見るだけじゃなくてちょっと手にとって読んでみたりしちゃう。なぜかと言うと休日だから。急がなくてもお店が閉まらないからね。

 さあ次はどこへ行こうかなんて、もう考えなくていい。順番に行けばいいんですよ。ローラー作戦。この本棚を見たら次は隣の本棚を見たらいいんです。色んな本があるね。よく見たら、新聞の書評欄が貼ってあるね。店員さんのかわいらしいポップもあるね。このポップを、今日は真剣にまじまじと見つめちゃう。なんでそんなことができるかって言うとそうだね、今日が休日だからだね。お店がどういう本を売りたいのかとか、店員さんが何を考えてポップを作ったのかとか、そんなことまで思いを馳せてしまうね。心に余裕があるっていうのは、それだけ視野が広がるってことなんだね。

 大きな本屋には本当に山のように本があるんだね。あたり前のことに気づくのも人生においては重要なことだ。何度も同じことに気づいている気がするけど、何度気づいたっていい。忘れたら思い出せばいいのと同じだね。気づけている自分に気がつくことで日々成長につながるんじゃあないのかい。ここでつい「知らんけど」と言いたくなる気持ちを抑えるのもまた、人生においては重要なことなんだよね。

 そうこうしているうちに人文の棚に来たね。こんなところ滅多に来れないね。おっ、またポップがあるよ。見てみようか。『汚穢のリズム』だって。何だかおどろおどろしいタイトルだね。いつもだったらここで終わるんだけど、何度言ったかわからないけど、今日は立ち読みができてしまうんだよね。まえがきを読もうね。目次を読もうね。ちょっと気になったところを読んでみようね。う~ん、おぞけが走るねえ。ホラーでもないのにこの表現は不適切かな? でもそんなことを気にする必要はどこにもないね。これは私の内心だからね。心のなかでは無責任に適当なことを言えてしまうんだね。人間ってのは不思議なもんだよ。それはそれとしてこの本は買おう。

「自分の専門外」なんて言ったらさも自分に専門分野があると言っているみたいで恥ずかしいけど、そういう妙に自分を卑下するような歳でもないっていい加減気づいた方がよさそうだよね、って話をしたのは自分の専門外の本棚に来るとより世の中に存在する知識量の多さに愕然として気持ちがいいなって話をしたかったからなんだ。迂遠でごめんね。でも本当にそう思うんだ。ここにある本で学んでいる人もまたたくさんいるわけでしょ? それってすごいことだよね。色んな人が色んな人のために色んな分野の本を書いてそれを色んな人が読んでるんだよ。そして読んだ人の中からまた新しく色んな人のために本を書く人が出てくるんだ。営みってやつだね。たまには人間もいいことするよな。

 今日はね、児童書のコーナーにも行ってみちゃおうかなって、ちょっと調子に乗りすぎてるかもしれないけど、やっぱりたまには童心に帰りたくなるじゃない? ごめんね、嘘をついたのがバレバレだよね。童心に帰りたくなるのは常日頃のことだね。そこはお詫びして訂正することにして、謝りながら児童書を見るのもオツなもんだ。今の子どもは児童書と呼ばれるジャンルを読んでるんだろうか。みんなラノベを読んでたりするんじゃないの。モモはありそうだよね。でもローワンとかさ、エルマーのぼうけんとかさ、年齢層ごちゃ混ぜで恐縮だけど、定番っぽいやつは今も定番のままあるのかな。そんな複雑な思いも、ダレン・シャンが並んでいる姿を見て吹き飛んだよね。バーティミアスもあるよ。みんなサイズがちっちゃくなってるね。じゃあもしかして盗神伝もあるのかなと思ったけどそんなことはなかったよ。調べたらディズニーが映画化権を取得したんだって。世の中は常に動いてるんだね。

 この調子で青い鳥文庫も見ちゃおうかなっていうのはいよいよ勢いに身を任せすぎている気もするけど、見れる時に見ておかないと後悔するのは世の常だから、客観的には極小さなことでも、それなり以上の本気で向き合うのがよいとされているのは世の理だね。前々から知ってはいたけど、青い鳥文庫もね、可愛くなってるんですよ。絵がね。これは懐古でもなんでもなく、ただ単に感心めいた感想で、幼少期から可愛い絵柄に触れる機会が私の時代よりも多くなっている事実に世の中変わったもんだなって思うわけ。この作品なんてフカヒレ先生だよ? しかも長寿作品。これには戌神ころねさんもびっくり。少なくとも私の中のころさんはびっくり。食もオタクもコンテンツという面では一緒なんだってよく分かるよね。幼少期からの経験の積み重ねが人の常識を形作っていくんだよ。そんな中さっそうと現れる夢水清志郎シリーズの安心感たるや、どのような言葉を紡いでも安っぽくしかならないから、発言自体が憚られてしまうほどだけれども、いつまでも青い鳥文庫の顔を張ってそうな感じがするのは、我ながらいい時代を生きていたんだという実感さえ湧いてくるところだよ。それにしても何か少女小説多めになってる……? と思ったけど、よくよく考えたら当時からどちらかというとジャンル的にはそっち寄りだった気もするね。倉橋燿子先生もまだ最前線で活躍しているんだってネットで『カミング・ホーム』の書影を見たら、イラストはいなだ詩穂先生で、えっあのゴーストハントのいなだ先生!? って驚いちゃったよ。結局コンテンツってもんはどこかで繋がってるんだってこんなところで実感しちゃうね。

 一棚一棚声には出さずにうんうんうなりながら見ていったら本屋の中を一周ぐるっと回ってしまったわけなので、もう店を後にしてもいいというかいいに違いないというか荷物も増えて重いからもう帰ったらいいんだけど、時計を見てまだ時間があるなと思ってしまったので、また別の大きな本屋に散歩がてら行ってみようと思ってしまう。そこにあるのは同じ本かもしれないし、全く別の本かもしれない。そういうさ、半ば古臭いトキメキみたいなものを求めて、私は本屋に行くんだよねって実感しながら立ち続けて歩き続けて棒のようになった足を引っ張りながら幸福みたいなものを感じていい休日だなって思えたんだって話ね。