死に物狂い

他人から影響を受けやすい人間のフィクション日記

はてな匿名ダイアリーを通して著作権を考える

【2024.04.23追記:ここから】

 本記事の公開後、下記増田の作者様から直接ご連絡を頂戴し、動画の作成および公開について快く承諾をいただけた。この場を借りて改めて御礼を申し上げるとともに、折角なのでということで再録・編集した動画を下記のとおり動画を公開する。まことにありがとうございました。インターネットにも感謝します。

 

www.youtube.com

 

【2024.04.23追記:ここまで】

 

 

 いつものようにはてなブックマークを見ていると、あるはてな匿名ダイアリーの記事に出会った。

 

anond.hatelabo.jp

 

 面白い! 落語みたいでいいですね。と感じた矢先、これは声に出して読むとより面白いのではないか、と思った。早速読み上げてみると、やっぱり面白い。面白い話は演る側にとっても面白いのである。興奮冷めやらぬ中、私にしては珍しく、今すぐに形にしなければと、腹の底から意欲が湧き出て、とりあえずPC上で録音してみた。読みやすいように、適宜関西弁にアレンジし、3,4テイク重ねてみると、これは面白い! と感じられるものができあがった。

 ようしせっかくなので動画にするかと、いらすとやから桜餅の画像をダウンロードし、録った音声と組み合わせることにした。深夜1時のことである。明日も朝から仕事であるのに、一体何をやっているのか分からないが、抑えきれない創作意欲がそこにはあった。

 

 

 うおおおおお!!! と未だに慣れない手付きで作業を行う。タイトルはどうしよう。ストレートに『桜餅』でもいいが、『道明寺』としたほうがそれっぽい。そうだそうだそうしよう。『道明寺』。なるほど響きが良いのではないか。こうして溢れんばかりの熱意によって、一つの動画が生まれたのである。

 

 

 と言いつつ、このあたりで少し冷静になってきたのか、できあがった動画を見ると、音量とかリズムとか滑舌など、もっとより良くできそうな気がしたが、こういうものは勢いも大切である。面白いと思ったものを、面白いと思えているうちに作り終えるのが大切ではないだろうか。そう自分で自分に演説をかましながら、満足気に視聴を続けていたら、次に私の頭によぎったのは、ある種当然の思考だった。この動画をYoutubeにアップしよう。面白いと思ってくれる人がきっといるだろう。何より作ったままPC上に眠らせて置くのももったいない。そうだそうだと脳内議会で野次が飛ぶ。よしじゃあこの勢いのままネットの海に放流してしまうか~とYoutubeスタジオを開いた時、頭にアラートが鳴り響いた。私はこの動画をYoutubeにアップしてもよいのだろうか? 

 ニコニコ動画に入り浸っていたあの頃であれば、何も考えずに「これ面白いから見て~」と無邪気にやっていたであろう。しかし、今は違うのだ。もうだいぶ歳を取ってしまった私の脳裏に浮かんだのは、「著作権」の3文字だった。

 

 状況を整理しよう。すなわち、私が行った・行おうとした行為は次のようにまとめられる。

 ①はてな匿名ダイアリーに投稿された桜餅に関する記事(以下、「本件増田」という)を

 ②関西弁風にアレンジして

 ③読み上げて録音し

 ④画像と組み合わせて

 ⑤『道明寺』と銘打った上で

 ⑥Youtube上に投稿する。

 このような行為を、本件増田の投稿者から許諾等を得ることなく行うのは、著作権法上許容されるのか。結論としてはダメと思われる。以下、検討する。なお、筆者は著作権法の専門家ではないので正確性は保証されない。

 

⓪当該文章は著作物であるか

 一般的に文章は、言語の著作物として保護され(法第10条1項1号)、それはインターネット上で書かれたものでも変わらない。事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道はその例外となるが(同条2項)、本件増田がそれに該当するとは考えにくい。

 

はてな匿名ダイアリーに投稿された内容の著作権は誰に帰属するか

 投稿内容の著作権は投稿者に帰属することが、ヘルプ上に明記されている。

anond.hatelabo.jp

 したがって、②~⑦の行為が、本件増田の投稿者に帰属する著作権法上の権利を侵害するか否かが問題となる。

 

②関西弁風にアレンジするのは許容されるか

 真っ先に思い至ったのは翻案権であるが、何が翻案にあたるかはファジーである。とりあえず条文を見てみよう。

(翻訳権、翻案権等)

第二十七条 著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。

 いつ見てもよく分からない条文であるが、翻案に当たるかどうかでその先の検討に違いが生じてくる。本来は判例等を参照しながら検討する内容であるが、お恥ずかしながら手元にコンメンタールはおろか文献らしい文献がないので、ただただ考えてみよう。

 後述の③とも関連するが、単純に書かれた文章を読み上げるだけであれば口述権(第24条)の話が、そしてその音声を録音するとなると複製権(第21条)の話が出てくる。この点、複製というのがいわゆるデッドコピーを想定し、文章そのままに読み上げる行為が該当するのだとすると(第2条1項15号)、少なくとも方言で読み替える行為は複製とは言えないように思われる。

 ただ、例えばもともと東京が舞台である物語を大阪に置き換えました、となれば分かりやすく翻案であるが、ただただ共通語あるいは東京弁を関西弁になおした場合はどうか。この点、自分で演じた身からすると、方言が変わることで、語り手のキャラクタ性もが変わったものになっているように思われる。コテコテの関西のおっちゃんが喋っているのか、大阪生まれだがそろそろ東京で暮らした時間の方が長くなってきたおっちゃんが喋っているのかで、創作物が持つ物語性も変わってくるのではないか。そう考えると、やはり翻案に傾くように思われる。あるいは、シンプルに翻訳と同じように考えればよいのかもしれない(ただし、別の言語に訳しているわけではないのでその定義に当てはめられるかは疑義がある。)。

 当該行為が翻案になると捉えた場合でも、私的利用の範疇であれば著作権の行使は制限される(47条の6第1項1号)。したがって、私が家で一人楽しむ分には問題ない。しかし、Youtubeにアップロードして、そのリンクをブログ上で公開した場合、アップロードという行為はもとより、当ブログにはアドセンス広告が貼られていることも踏まえると、私的利用とはみなされないだろう(Youtubeチャンネル上に広告設定をしている場合も同様であろう)。

 

③読み上げて録音するのは許容されるか

 上記②で述べたとおり、投稿された文章をそのまま読み上げて録音する行為は、著作権法上の複製に該当する(第2条1項15号)が、私的複製と捉えられる場合には複製権の行使は制限される(第30条1項)。この点の議論は②と変わらない。

 そして、本件においては先に翻案の有無が問題となるところ、②において翻案であると解されるのであれば、反対に複製権の観点では問題とならない。

 

④画像と組み合わせるのは許容されるか

 概ね上記②で行った議論のとおりであり、結果的には、本件増田をアレンジしてさらに画像と組み合わせるということになるから、やはり翻案の性質が強くなるのではないか。

 なお、いらすとやにおいて、素材の画像を動画に用いることは、商用・非商用を問わず一つの動画あたり20点以下の利用に収まる限りで認められている。

www.irasutoya.com

 

⑤『道明寺』と銘打つのは許容されるか

 もともと本件増田のタイトルは『関東地方で桜餅を騙っている簀巻き野郎について』であり、これを変えることは、上記②のとおり翻案のほか、同一性保持権も問題になるだろう(第20条第1項)。同一性保持権は、いわゆる著作者人格権の一つであり、一応一定の権利制限規定が存在するが(同条2項)、本件においてはそれらに該当しない。

 同一性保持権は、翻案権とは別概念のため、私的利用による例外は適用されず、観念的には私が『道明寺』との名付けを行った時点で、投稿者の同一性保持権を侵害しうることとなるのではないか。

 この点、著作者がタイトルの変更も含めて翻案を許諾しているような場合には、同一性保持権の不行使にも同意しているとの推定が働くと思われるところ、同様に、私的利用により翻案権の行使が制限される場面においては、同一性保持権の行使も制限されるとの整理ができないか。結論として、財産権たる著作権と人格権たる著作者人格権を同種のものと捉えるのは適切でなく、そのような整理は難しいと考える。すなわち、各種の権利制限規定は、著作権者と利用者の利害を調整するため例外的に設けられているものであり、その効力をいたずらに著作者人格権にまで広げるべきではなく、またそのように広げられる合理的理由も見いだせない。

 

Youtube上に投稿するのは許容されるか

 上記②④⑤により、本件動画は本件増田の翻案により制作されたものと解される。すなわち、本件増田の投稿者は本件動画の原著作者となり、二次的著作物の著作権者たる私と同様の権利を行使できることとなる。

 また、Youtube上への投稿は、自動公衆送信(2条1項9号の4)または送信可能化(同9号の5)に該当する。そしてこれらの行為には著作者への許諾を要する(第23項1項)。

 したがって、私は作成した動画をアップロードする権利を有するが、それは原著作者たる本件増田の投稿者も同様である(第28条)。加えて、②に関連して言えば、そもそも最終的に公衆送信を目的としている時点で、やはり私的利用による翻案とは解されないだろう。

 

 以上より、私が本件動画をYoutubeでアップロードし公開するためには、本件増田の投稿者から翻案及び公衆送信に係る許諾ならびに同一性保持権の不行使に係る同意を取得する必要がある。

 

『神無迷路』をクリアした

『神無迷路』をクリアした。とても面白かった。以下、一定のネタバレを含む感想。

 

store.steampowered.com

 

 グラフィックをひと目見て分かるとおり、かまいたちの夜フォロワー作品である。と言っても、それは外観的、UI的な部分の話で、ストーリー、あるいは作品のテーマ的には異なる。本作でも人は死ぬし、犯人探し、トリックの検討など推理要素を一応は含むが、それがメインではない。かまいたちの夜っぽい雰囲気に惹かれてプレイすると、期待とは少し異なる感想を抱くだろう。どちらかと言うと、さらに他作品の名前を出してしまうが、Ever17寄りではないだろうか。そして本当にシンプルな表現をすれば、打越鋼太郎作品が好きな人は、本作をきっと楽しめる。だから、本作が、根源的にはあまりミステリミステリはしていない作品だということを、プレイする前に認識しておくほうがよいと思った。相応に肩の力は抜いた方がよい。

 そのような作品であることは、作品説明にもティザーの映像にも現れているので、全くもって騙し討ちではないのだが、それほどにかまいたちっぽい青いグラフィックの印象が強いということであろう。

 

 舞台は狭く、物語の展開は早い。一連の事件は地下の研究所で発生し、物理的な階層としては二つである。登場人物も限られるため、必然的に推理の幅は狭くなる。もとい、最初からどう考えても怪しい登場人物がいるので、当該人物が主として事件に関与しているか、裏をかいて全く関わりを持っていないか、おおむねどちらかであろうと想像できる。

 残る問題は動機であるが、ここが本作のポイントであろう。非常にスケールが大きく、ジャンルに耐性がなければ置いてけぼりを食らうかもしれない。しかし、決してそこに至るまでの過程は雑ではない。少なくとも、何か通常の世界では起き得ないことが起きている、と分かる。

 その上で、犯人当てで少し苦労したのだが、それは結局誰を犯人として示すのが適切なのか、判断ができなかったからである。蓋を開ければ、登場人物のほとんどが共犯と言える。悩んだ末、ストレートに選んだら運良くあたりを引けた。考え過ぎはよくない。

 実質的に3人で物語が回っているため、他の人物が掘り下げがなく、もったいない感じはした。ただ、ストーリーをこれ以上に長くする必要性も感じられず、これで丁度よい、ということであろう。

 

 結果的に、登場人物をこのグラフィックで示したことが、作品全体のバランスをよくしていると感じた。仮に、本作がいわゆるアニメチックな立ち絵で展開されたとすれば、ちょっとプレイするのはしんどかった可能性がある。かといって実写でやられても安っぽくなってしまうだろう。キャラクターの魅力を認識できる程度には外観的に造形がなされ、それ以上の部分はプレイヤーの想像力で補える。図らずも、かまいたちの夜の表現形式が持つ強さみたいなものを、本作を通じて認識した。

『汚穢のリズム』を読んだ

『汚穢のリズム』を読んだ。

sayusha.com

 

 先日、本屋に行った折に目に触れ、興味を惹かれて購入したものである。これは本題ではない。

sorobanya.com

 

 汚穢(おわい)という言葉を知らない。穢という文字はそれだけでどこか忌避感を催すものであるが、その由来が何であるのか、インターネットのレベルではよくわからない。字画が多いと、おそらく集合体恐怖症の親戚を呼び起こすのではないか、という感覚があるが、じゃあどんな字でも嫌な感じがするのかと思って、同じ18画の漢字を調べてみたら、気持ち悪いとは言わずとも圧倒される感覚はある。

dictionary.goo.ne.jp

 というより、画数は関係がないのかもしれない。漢字が並んでいると、その意味を問わず、何だか嫌な感じがする。ホラーの演出でもよくあるではないか。壁一面に書かれた文字。それを見て「なにこれ……」と絶句する登場人物。そういう場合には、一定意味のある言葉、文章になっていることが多いだろうが、意味もなく漢字が並んでいても、それはそれで怖いと思う。魚編の漢字を並べてもよい。あらゆる魚の漢字が書かれた壁を見て、即座に「湯呑みかな?」と突っ込める人間はそういないだろう。しかし、別に字そのものが汚れているわけでも、穢れているわけでもない。だから、その忌避感なるものは、記号が密集している見た目への嫌気である。

 

 目の前のものが汚れている、と判断するのは、それを見た人間自身である。ある基準を超えた場合に、触れたくない、見たくない、関わりたくない、と思うようになる。一方で、共通的な認識も存在はしている。ただ、その共通認識は、当然ながら、保有される社会によって異なる。

 本書を読んでいて特に面白かったのは、沖縄での養豚と人間の関わり方の変化を考察した、『分かつ――豚が「汚くなる」とき』だった。

 ある存在はどのように「汚くなる」のか。戦前の沖縄では、ほぼすべての住民が豚を飼っており、文字通り生活をともにしていた。しかし、戦後復興の流れとともに、養豚も産業化が図られ、多頭飼育が進むと、これまでのように居住地で飼うことは難しくなる。結果として、豚は遠隔で飼育され、人と豚との間に物理的な距離が生まれることとなった。そうすると、これまで豚と暮らしていた人ですら、豚を外のものとして扱うようになる。当たり前のように一緒にいた豚。そんな豚から発せられる臭いもまた、あって当然のものであったが、豚と距離が離れることによって、その臭いも「異臭」と呼ばれる存在になっていく。

 そして、一般的にそのような感覚を持つ人が多勢化した結果として、養豚場の中ですら、同様の区分けが行われる。例えば本編で紹介される養豚場では、養豚場と事務職員の執務スペース・応接室等は別の領域として認識され、互いのスペースの往来は厳しく禁じられている。そのような取り扱いは、そもそも豚を汚いという感覚がなければ起き得ないはずである。なぜ、養豚場ですらそうなるのか。筆者は、それを外部者の眼差しの産物であるという。豚の臭いをくさいと言う外部者がいる。そして、外部者は、内部者にも、豚という異物との厳格な分離を求めている。内部者もまた社会の中で外部者と関わる(もとい内部者もまた外部者である)がゆえに、養豚場という環境の内部ですら、このような区別が起こる。

 これは社会的な変化の一例だが、個人的な経験にも当てはめができるか。私の卑近な例で言えば、犬を飼うことによって、排泄物への忌避感がなくなった。必要であれば素手でも触れる。しかしこれは、我が家の犬であるからであって、その意味では内部化した感覚だと言えるかもしれないが、一般化はできないようにも思う。どちらかと言えば親愛的な感情から来るもので、子どもの排泄物が気にならなくなるのと同じだろう。客観的には汚いが、主観的には汚くない。そしてこの、「客観的に汚い」のがどういうことなのか、という話であろう。

 汚さとはなんだろうか。あるいは、何がどうなって目の前のそれを汚いとみなすことになるのか。生来的な感覚だ、と処理してしまうのではなく、考えることで見えるものがあろう。